投資初心者の味方、「つみたてNISA」という制度を紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは、keityです。

今回は、投資初心者向けの投資に関する制度を紹介します。

「つみたてNISA」に関する記事です。

以前当ブログで投資の基本は長期かつ分散投資と書きました。

投資のリスクを抑える考え方!長期かつ分散して投資するための考え方を紹介します。

この基本に沿った制度をご紹介します。

私もこの4月からつみたてNISAを開設して・開始しています。

投資初心者にはメリットが大きい制度だと思っています。

1.つみたてNISAとは

「つみたてNISA」とは、2018年から始まる新たな少額投資非課税制度です。

これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。

通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産形成を目指す方に向いた制度と言えます。

以下、つみたてNISAのポイントです。

①開始時期は、2018年1月で、今年開始された新しい制度です。

②非課税となる期間は最長20年間です。

③非課税投資枠(年間投資上限)は、40万円/年間。

④買い付けは定期的に継続したもの(積立)であること。

⑤対象商品は一定の条件を満たす投資信託等。

⑥出金はいつでもできる。

簡単に言うと、毎月最大約3万3千円の金額で、投資信託を積み立ていき、

最長20年、それで得た利益・分配金に税金がかからないということになります。

2.つみたてNISAとNISAの違い

先行して制度としてあるNISAとの違いです。

大きく3つあります。

■非課税投資枠 つみたてNISA 40万円   / NISA 120万円

■非課税期間  つみたてNISA 最長20年間 / NISA 最長5年間

■対象商品   つみたてNISA 投資信託等 / NISA 上場株式、ETF、投資信託等

それぞれメリットとデメリットがあります。

大きな金額で対象商品も多くの種類から選択したい方は、NISAの方が良いです。

投資初心者や長期に渡っての財産形成であれば、つみたてNISA一択です。

つみたてNISAは、教育費や老後資金の準備に最適です。

プレジデントオンラインでも次の記事で紹介されています。

新型”つみたてNISA”に向いている人の特徴

学資保険より、つみたてNISAの方が優れていると書かれています。

ダイヤモンドオンライン山崎元さんの記事です。

つみたてNISAが「よくできている」4つの理由

3.おすすめのつみたてNISA口座開設先

①SBI証券

②マネックス証券

③楽天証券

この3つから選べば間違いありません。

一番の理由は、投資信託の本数が多いということです。

ちなみに私はSBI証券の口座をもともと持っていましたので、

つみたてNISAもこちらで開設しました。

上記3つであれば、大きな違いはありませんので好きなところを選んでください。

下記のサイトで、銀行や証券会社の比較がきれいにまとめられていますので、

参考にしてください。

やさしい投資信託のはじめ方

申し込みから2週間程度で口座開設、その後商品を選択することがWEBでできるようになります。

今回は、「投資初心者のための投資に関する制度」という話題でした。

以上です。

スポンサーリンク
記事内336×280




記事内336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする